アクション

2016年9月21日

日立(秦野地域)労働者向け 職場新聞「すくらむ」24年ぶりに再刊 


日立(秦野地域)労働者向けの職場新聞「すくらむ」が24年ぶりに再刊(下)され、9月14日に門前で配布・宣伝をおこないました。「すくらむ」は日本共産党日立神奈川支部によって1975年1月に創刊されました。賃金、労働時間、労働災害などの雇用問題から、政治、暮らしや趣味・スポーツなど多くの話題を1992年4月の91号まで職場に提供していましたがその後は休刊状態に。しかし、この間の日立で「『黒字リストラ』『常時リストラ』が強行されている今…職場の声を発信する役割を果たしたい」(再刊にあたって)と「すくらむ」編集委員会(日本共産党秦野市委員会気付)によって24年ぶりに再刊されることになりました。

「すくらむ」は「ようこそ県央地域で働くみなさん」ホームページからみることができます。また同ホームページでは、1975年から1992年まで発行された過去の「すくらむ」も順次閲覧できるようにしていく予定となっています。

すくらむ20160914[092]1修正すくらむ20160914[092]2

PDF版はこちら。