アクション

2017年8月24日

新国立現場監督の過労自殺、元請け大成建設が居残り黙認か


東京五輪のメイン会場,新国立競技場建設現場の現場監督の男性が過労自殺した事件で,元請けの大成建設が下請けを含め現場で働くすべての人たちの滞在時間を把握できる仕組みを持っていたことが日本共産党国会議員団の調査で分かりました.

新聞赤旗2017年8月18日記事

画面をクリックすると拡大表示・ダウンロードできます.