アクション

2014年8月12日

主張 増える労働災害 人権無視の働かせ方の一掃を


 人手不足で残業が続き、職場で作業中にケガをするなど、労働災害が急増しています。厚生労働省のまとめでも、製造業や建設業、陸上貨物運送事業などでことしの上半期(1~6月速報値)の死亡災害が急増しており、小売業などの第3次産業でも休業4日以上の死傷災害が増えています。同省も「労働災害のない職場づくり」を業界などに要請しました。労働災害急増の背景には、人手不足や熟練不足とともに、長時間労働の横行など、人間性を無視した働かせ方があります。労働災害をなくすためにも、人権無視の働かせ方の一掃が不可欠です。

労働災害20140812

 

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/8/12付(クリックで拡大できます)。
 同記事のインターネット版はコチラ