アクション

2014年9月17日

女性活躍の名で労働法制を改悪 規制改革会議が議論


 政府の規制改革会議(議長・岡素之住友商事相談役)は16日、安倍内閣が掲げる「女性の活躍促進」や「地域活性化」を名目にして、国民生活を破壊する規制改革の議論を始めました。

 「女性の活躍」と称して「多様な働き方を実現する規制改革」を掲げ、「労働時間規制のあり方を含め、より多様で柔軟な働き方の選択肢を拡大する」と打ち出しました。過労死・残業代ゼロの「ホワイトカラーエグゼンプション」など労働法制の改悪を新たな装いでねらう考えです。

女性・規制改革会議

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/9/17付(クリックで拡大できます)。
 同記事のインターネット版はコチラ