アクション

2014年9月28日

政労使会議あす再開 賃金体系・残業代ゼロを議題に 賃下げ狙う財界


 政府と財界、労働界の代表らによる「政労使会議」が29日に再開されます。「企業収益の拡大を賃金上昇につなげていく」として賃上げを打ち出した前回の合意(2013年12月20日)とは一変し、安倍内閣と財界は「賃下げ」を押し付ける姿勢をあらわにしています。

 政労使会議の議題について議論した経済財政諮問会議(16日)では、経団連の榊原定征会長らが、企業収益を拡大するために「労働生産性に見合った賃上げ」が必要だとして、「賃金体系のあり方の再検討」を提起。「年功序列型賃金カーブの是正」を行い、「仕事・役割・貢献度に基づく賃金制度」を導入すべきだと主張しました。(深山直人 氏)

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/9/28付。
 同記事のインターネット版はコチラ