アクション

2014年9月27日

米最低賃金 引き上げ またひとつ ロス ホテル労働者15ドル超


 【ニューヨーク=洞口昇幸氏】米国の労働者が最低賃金引き上げをまた一つ勝ち取りました。24日、米西部カリフォルニア州ロサンゼルス(人口386万人)の市議会(定数15)が、同市内の大規模ホテルの従業員の最低賃金を、時給15・37ドル(約1672円)に引き上げる法案を賛成多数で可決しました。およそ1万3000人のホテル労働者に対し来年の7月からこの最低賃金が実施される見通しです。米メディアが報じました。

米最賃上げロス20140927

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/9/27付(クリックで拡大できます)。
 同記事のインターネット版はコチラ