アクション

2014年9月30日

働く貧困層 1100万人超/年収200万円以下 安倍政権発足1年で30万人増


 2013年に民間企業で働いた労働者のうち年収200万円以下のワーキングプア(働く貧困層)が1100万人を超えたことが国税庁の民間給与実態統計調査(26日発表)でわかりました。1119万9000人でした。安倍晋三内閣発足1年で30万人増えました。

 また、このうち年収100万円以下の労働者は421万5000人です。

 年収200万円以下の層が1000万人を超えるのは8年連続。15年前の1998年と比べると1・4倍の増加です。全体に占める比率は24・1%。98年の17・5%から大幅に高まっています。

働く貧困層1100万人超20140930

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/9/30付(クリックで拡大できます)。
 同記事のインターネット版はコチラ(グラフデータ有り)