アクション

2014年10月9日

過酷な働き方改善を 福祉労働者の確保へ提言 福祉保育労


 全国福祉保育労働組合(福祉保育労)は8日、緊急提言「福祉労働者の確保と定着、養成に関する基本政策」を発表しました。

 介護や保育、障害者福祉分野をはじめ福祉施設・事業所の人材不足は深刻です。施設や事業所の運営費が低く抑えられ、職員配置基準が実際の配置数にそぐわない実態が続いているため、処遇が改善せず、過酷な働き方となっているのが原因です。

福祉労働者の確保への提言20141009

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014//付(クリックで拡大できます)。

 同記事のインターネット版はコチラ。