アクション

2014年11月21日

最低賃金引き上げを一貫して主張してきたのは日本共産党ー労働者後援会が訴え


 日本共産党神奈川県労働者後援会の福田代表委員は11月19日、横浜駅西口で演説。最低賃金の引き上げが労働者の切実な要求になっており、神奈川労連がその運動をおこなってきていることを紹介。そして、日本共産党が政策でも運動でも一貫して最低賃金引き上げのために奮闘していることを伝え、日本共産党への支持を訴えました。