アクション

2014年11月28日

理念や政策投げ捨てて 民主と維新など“野合”


 民主、維新、次世代、生活などの各党が、自民党との対決の足場もないまま、総選挙に向け「候補者調整」「競合区解消」と称して選挙協力をしようとしています。実態は、消費税増税の「戦犯」である民主党が自民党と真正面から対決せず、「候補者不足」という同じ悩みを持つ維新の党などとの「選挙互助会」まがいの動きで、理念や政策を投げ捨てた野合そのものです。

20141128民主維新野合

「しんぶん赤旗」日刊紙2014/11/28付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。