アクション

2014年12月4日

首相「戦争始めるはうそっぱち」と言うが、戦闘地域での武器使用認める


 安倍首相が、集団的自衛権行使の容認の「閣議決定」を行ったことについて「これはあくまでも日本人の命を守るためだ。徴兵制が始まる、戦争を始める、こんなものはうそっぱちだ」と述べ、批判をかわそうとしています。「うそっぱち」の一言でもって徴兵制への不安を打ち消すことができないのが、自民党内の動きです。

20141204国防

「しんぶん赤旗」日刊紙2014/12/04付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。