アクション

2014年12月17日

共産党に議案提案権 「さらに注目される」米紙


米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は15日、「日本の共産党にとって赤い文字の日(記念日の意)」と題した記事を掲載しました。総選挙で野党勢力が議席増に苦労する中、「例外は日本共産党だった」と指摘。8から21議席の躍進で議案提案権を得たことは「日本共産党がさらに注目されることを意味する」と論評し、党の歴史などを紹介しています。

20141217米紙「さらに注目される」

「しんぶん赤旗」日刊紙2014/12/17付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。