アクション

2015年1月23日

介護サービス低下招く 報酬2.27%大幅カット 人員確保に逆行


安倍内閣は、2015年度から介護報酬(介護サービスの公定価格)を全体で2・27%引き下げます。実質0・8%減だった前回12年度に続く連続削減で、単年度で最大となった03年度の2・3%減に匹敵する大幅な切り下げです。

20150123介護

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/01/23付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。