アクション

2015年2月6日

客室乗務員の上告棄却 【日航解雇撤回裁判】原告団、不当決定に抗議


日本航空解雇撤回裁判の客室乗務員原告団71人(内田妙子団長)が、解雇を容認した東京高裁判決の見直しを求めて最高裁に上告していた問題で、最高裁第2小法廷が「上告審として受理しない」として棄却を決定したことが5日までに分かりました。JAL不当解雇撤回裁判原告団は、不当決定に抗議する声明を発表しました。

20150206日航① 20150206日航②

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/02/06付(各記事をクリックすれば拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。