アクション

2015年2月7日

特養は6%削減 〈厚労省〉介護法報酬改定案を決定


特養の基本報酬は、報酬全体の引き下げ幅2.27%の倍以上にあたる約6%もの大幅引き下げを行います。特養の3割が赤字経営で、入所待機者が52万人にものぼるもとでの切り下げで、「介護崩壊」に拍車をかけるものです。

20150207介護特養

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/02/07付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。

関連記事「主張 介護報酬大幅削減 危機深める『愚かな策』撤回を」はこちら。