アクション

2015年2月14日

特養の5割が赤字に 介護報酬減で。老施協試算 人件費への影響大


1施設あたり年間1511万円の減収の試算結果。介護職員(年収390万円)の4人分に匹敵。「人件費比率が6割をこえる特養では、大幅削減(の対応)が人に向かわない保証はありません。人件費の削減はサービスの質と量の低下、利用者の不利益になるのではないかと危惧している」

20150214特養介護報酬

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/02/14(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。