アクション

2015年2月28日

日航解雇容認の最高裁決定“世界に通用しない。日本の司法の良心はどこにいったのか”原告団ら抗議行動


マイクを握った支援共闘共同代表の糸谷欽一郎全国港湾委員長は、「解雇ありきで、上告を短期間で“門前払い”にするひどい決定だ。国際労働機関(ILO)が職場復帰の協議をするよう勧告しているように、最高裁決定は国際的に通用しない。日本の司法の良心はどこにいったのか」と強調しました。

20150228日航

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/02/28付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。