アクション

2015年4月2日

消費税増税しながら社会保障3900億円削減 参院予算委 小池氏が追及


「これでは社会保障は貧しくなるばかり。政治の方向が間違っている」―。日本共産党の小池晃副委員長は1日の参院予算委員会で、安倍政権の社会保障予算削減が2015年度で3900億円(表)にもなることを示し、消費税を増税しながら“老いも若きも負担増”を強いる社会保障切り捨て路線からの転換を迫りました。

20150402社会保障

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/04/02付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。