アクション

2015年5月25日

日本共産党京浜製鉄委員会が職場の安全対策に関する門前ビラ配布


日本共産党京浜製鉄委員会は「デュポン社の安全診断を生かしながら『労災ゼロ』は会社の責任ある安全対策が決定的」と題する門前ビラ「京浜の高炉」を5月22日に配布しました。JFEスチールはアメリカの化学会社デュポン社に、安全診断と指導を依頼しました。その診断結果に対し、労働災害の直接の原因と背景、会社の責任について示されておらず、不十分として、党委員会は、ゆとりのある要員を配置する、故障やトラブル発生時には設備を停止して対処する、などの提案をおこなっています。

NK安瀬対策

PDF版はこちら。

日本共産党京浜製鉄党委員会のホームページはこちら。