アクション

2015年6月7日

高橋議員 年金情報流出を追及 外部委託と非正規化原因


日本共産党の高橋千鶴子議員は、年金情報流出問題の集中審議が行われた5日の衆院厚生労働委員会で、日本年金機構と厚労省のずさんな対応を追及し、「第二の社会保険庁だという声もあるが、そもそも社保庁を解体して、外部委託と非正規雇用を拡大して個人情報保護を後退させてきたことが問題だ」と主張しました。

20150606高橋

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/06/06付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。