アクション

2015年6月17日

妊娠後も働ける日航に 東京地裁 客室乗務員がマタハラ提訴


日本航空の女性客室乗務員の神野(じんの)知子さん(40)=日航キャビンクルーユニオン(CCU)組合員=が、妊娠中に地上勤務での就労希望を却下されて無給休職を命令されたのは、男女雇用機会均等法や労働基準法に違反するマタニティーハラスメント(マタハラ)だとして、16日、東京地裁に休職命令の無効と未払い賃金など338万円の損害賠償を求めて提訴しました。

20150617マタハラ1 20150617マタハラ2

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/06/17付(各記事をクリックすると拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。