アクション

2015年7月29日

労働者の権利リーフの活用 川崎市教育長 党市議に答弁


日本共産党の片柳進川崎市議は、神奈川青年大集会実行委員会が行ったアンケートでは「サービス残業をさせられた」「最低賃金未満で働いていた」などの事例が報告されていたと指摘。学生に向けて働く権利を知らせる厚労省発行のリーフレットの配布や、最低賃金額を知らせるポスターを掲示するように川崎市議会で求めました。

20150729片柳

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/07/29付(クリックで拡大できます)。

関連記事はこちら。