アクション

2015年9月3日

大企業の利益最多 14年度 配当と内部留保も 社員の賃金は実質減


1日発表された財務省の2014年度法人企業統計で大企業(資本金10億円以上、金融・保険業を除く)の経常利益は統計を取り始めた1960年度以降最高、株主配当や内部留保も過去最高となりました。それに対して社員の賃金は前年比でわずか1%増えただけでした。14年度は消費税増税の影響もあって物価が大幅に上昇したため、賃金は実質マイナスとなります。

20150903大企業

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/09/03付(クリックで拡大できます)。