アクション

2015年9月16日

企業研修 自衛隊に1.3万人


自衛隊生活体験研修では何をしているのか。NTT労働者を組織する通信産業労働組合(通信労組)の調査によると、NTT東日本の青森、福島などで研修が行われ、訓練内容は、朝6時にラッパで起床、点呼、ベッドの撤収、朝食、体育教練、負傷者救助、10キロの行進訓練、深夜11時就寝などです。目的は、集団生活や訓練で同期意識や規律意識の強化とあり、NTTの本来業務とは関係ありません。

20150916自衛隊企業

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/09/16付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。

関連記事はこちら。