アクション

2015年9月26日

ユニクロ対応「不十分」 海外下請け過酷労働 人権NGOが会見


大手衣料チェーン「ユニクロ」(ファーストリテイリング社)の海外下請け業者での過酷な労働環境を告発してきた国際人権NGO(非政府組織)ヒューマンライツ・ナウ(HRN)が25日、厚労省内で会見しました。事務局長を務める伊藤和子弁護士は「ユニクロ側による積極的な措置もあるが、不十分な点が残されている」として引き続き同社に改善策を求めていく姿勢を示しました。

20150926ユニクロ2

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/09/26付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。

関連記事はこちら。