アクション

2015年12月6日

労働界悪 国家暴力を糾弾 ソウル 政権退陣求め市民ら集会


韓国の市民団体や労組などで構成する「総国民対策委員会」は5日、ソウル中心部で、国家暴力を糾弾し、労働改悪を進める朴槿恵(パク・クネ)政権の退陣を求める「第2次民衆総決起大会」と「総国民大会」を開催しました。主催者によると4万人が参加しました。

20151206韓国労働改悪

「しんぶん赤旗」日刊紙2015/12/06付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。