アクション

2016年3月27日

社会福祉法改悪案 運動と論戦 答弁引き出す 小池氏追及に“「残額」出ても本来事業最優先”(厚労相)


国や自治体の責任で行うべき仕事を社会福祉法人に肩代わりさせる社会福祉法改悪案が、福祉施設を利用する障害者や福祉保育労働者らの反対にもかかわらず、23日の参院本会議で可決されました。しかし、これまでの運動と国会論戦で今後のたたかいに生かせる答弁が引き出されています。

20160327社会福祉法改悪案

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/03/27付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。