アクション

2016年4月5日

異次元金融緩和3年 大企業・富裕層 大もうけ 庶民 物価高と利子収入減


日本銀行が量的・質的金融緩和(異次元の金融緩和)に踏み切って4日で3年になりました。アベノミクス(安倍晋三政権の経済政策)の「第1の矢」として始まった大規模な金融緩和政策です。日銀が民間銀行に大量のお金を流せば物価が上がり、経済活動が活発になるとの触れ込みでした。しかし、物価上昇や預金利子の減少で庶民の生活苦は深まるばかり。円安、株価上昇で大企業・富裕層ばかりがもうかっています。

20160405アベノミクス破綻

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/04/05付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。