アクション

2016年5月15日

大企業税逃れを抑止 米徴税当局の「国別報告書」義務化案


米国で徴税業務を所管する内国歳入庁(IRS)は13日、多国籍企業による課税逃れを防ぐため、事業活動の「国別報告書」の提出を義務付けるとする同庁の対策案について、ワシントンで公聴会を開きました。公正な税制度を求める市民団体の代表らが、報告書の公表も義務付けるよう求めました。

20160515米・大企業税逃れ

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/05/15付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。