アクション

2016年6月30日

仏上院が労働法改定案可決 学生・労組 20万人抗議 35時間制撤廃し、さらに改悪


フランス上院(定数348)は28日、全国的な抗議行動が続く労働法改定案、通称「エルコムリ法案」を賛成多数で可決しました。この日も7労組・団体の呼び掛けによるデモやストが全土でおこなわれ約20万人が参加。法案の即時撤回を求める全国行動は3月以来11度目で、国民の怒りが強まっています。

20160630フランス労働法改定案

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/06/30付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。