アクション

2016年7月12日

介護休業取得の新基準 厚労省 要介護2以上、1でも対象


労働者が取得できる介護休業の基準の見直しを検討してきた厚労省の研究会は8日、報告書を取りまとめました。新たな基準には、介護認定区分を導入し、「要介護2以上」とする一方、要介護1以下でも一定の介助が必要なら取得できる基準を設けました。

20160712介護休業取得

「しんぶん赤旗」日刊紙2016/07/12付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。