アクション

2017年1月10日

残業月125時間→80時間に IT職場で時短に合意 JMITUアイ・エス・ビー支部


IT職場の労働者でつくるJMITU(日本金属製造情報通信労働組合)アイ・エス・ビー支部は、残業時間を労使で取り決める「三六(さぶろく)協定」を見直し、月の残業時間が最長125時間だったところから、過労死ラインを超えないよう、80時間に削減することで合意しました。今年から新協定の運用がはじまります。

20170110ISB120170110ISB2

「しんぶん赤旗」日刊紙2017/01/10付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。