アクション

2017年2月2日

非正規雇用37.5% 最高に 昨年 目立つ働き盛りの置き換え


総務省が1月31日発表した2016年平均の労働力調査によると、役員を除く雇用者にしめる非正規雇用の割合が37・5%と調査開始以来、最も高くなりました。とりわけ35~44歳、55~64歳という働き盛り、ベテラン世代で正規から非正規への置き換えが顕著です。

20170202非正規37.5%

「しんぶん赤旗」日刊紙2017/02/02付(クリックで拡大できます)。

同記事のインターネット版はこちら。