アクション

2017年8月23日

東芝やっと決算提出するも依然前途不安


東芝は2017年3月期決算の有価証券報告書を関東財務局に提出しました。しかし、それは監査法人による「限定付き適正」の意見付きで、純損益は国内製造業で過去最大の9656億円の赤字でした。上場廃止の危険性は依然続いています。

新聞赤旗2017年8月11日記事

画面をクリックすると拡大表示・ダウンロードできます。