アクション

2014年7月1日

「残業代ゼロ」で年収450万円層 39万円失う 労働総研試算


 安倍政権が「残業代ゼロ」をめざす「新たな労働時間制度」などを導入すると、年収450万円層の労働者で、年間39万円の残業代を失う―。全労連と共同して研究・政策活動をしている労働運動総合研究所(労働総研)がこのほど発表した試算で、収入が大幅に削減することが明らかになりました。(「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/07/01)

20140701労働総研

「しんぶん赤旗」記事(インターネット)はコチラ

労働総研(労働運動総合研究所)ホームページはコチラ
 トップページに「“残業代ゼロ提言”で年収450万円層の残業代年間39万円減少」(PDFデータ)へのリンクがあります(7/2現在)。