アクション

2014年7月19日

毎月勤労統計 実質賃金 5月3.8%減 11カ月前年割れ 3・4月より下げ幅拡大


 厚生労働省が18日発表した5月の毎月勤労統計調査(確報)によると、物価変動を考慮した実質賃金指数(100=2010年平均)は、現金給与総額で11カ月連続して前年同月を下回りました。下げ幅は3・8%減と速報値(3・6%減)を下回り、3月(1・3%減)、4月(3・4%減)より拡大しました。

実質賃金20140719

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014年7月19日付。

「しんぶん赤旗」記事(インターネット)はコチラ