アクション

2014年7月9日

主張 最低賃金引き上げ 暮らしの「底上げ」のため急務


 ことしの最低賃金をいくらにするか、国としての「目安」を決める審議が、厚生労働省の中央最低賃金審議会(最賃審)で始まっています。月末までに国としての目安を決め、その後、地域別などの最低賃金が決まります。現在の都道府県単位の最低賃金は全国平均でも764円でしかなく、1日8時間、月25日働いても15万2800円にしかなりません。これではとても暮らしていけず、異常な長時間労働や「ワーキングプア」(働く貧困層)増大などの原因です。少なくとも全国一律で時給1000円以上を実現してほしいという、労働者の声は切実です。

最賃20140709

 

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014年7月9日付。
「しんぶん赤旗」記事(インターネット)はコチラ