アクション

2014年8月1日

すき家1人勤務解消を 第三者委提言 法令違反を認定


 ゼンショーホールディングス(HD)が設置した労働環境改善に関する第三者委員会は31日、牛丼チェーン「すき家」の調査報告書を経営陣に提出しました。過酷な勤務実態が批判されていた深夜の1人勤務体制(ワンオペ)について「解消を早急に実現すべきだ」と指摘しました。

すき家20140801

 

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014年8月1日付(クリックで拡大できます)。

「すき家」労働環境改善のための調査報告書(ゼンショーのサイト)

「しんぶん赤旗」ここが読みどころ 労働環境改善の運動応援

 「しんぶん赤旗」は、牛丼チェーン最大手「すき家」の人員不足による閉店騒動を他のメディアにさきがけて、3月28日付で報道しました。4月17日に、会社が人員不足の事実を認め、「労働環境改善」を約束させる成果につながりました。

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014年6月11日付。記事(インターネット)はコチラ