アクション

2014年8月7日

教員707人 精神疾患で離職 12年度 文科省調査


 2012年度にうつ病など精神疾患を理由に離職した教員(小中高)は、前回調査(2009年)の679人を上回る707人だったことが、4日に発表された文部科学省の学校教員統計調査(中間報告)の結果から明らかになりました。

140807教員精神疾患

 

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014年8月7日付(クリックで拡大できます)。