アクション

2014年8月22日

【滋賀】パート待遇改善で安全守る 路線バス会社の労組 非正規運転者加入に全力


 社会的関心があつまるバスの交通安全。滋賀県の路線バス会社で、運転者の「外注化」・非正規雇用化をすすめ、残業代や深夜割増の未払いに加え、住民税の源泉徴収までおこたり問題となっています。労働組合が非正規雇用の組合加入をすすめて、交通安全と労働者の生活を守ろうと立ち上がっています。(田代正則記者)

滋賀路線バス労組20140822

 

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014年8月22日付(クリックで拡大できます)。