アクション

2014年9月9日

GDP年率7.1%減 4~6月期 個人消費減 97年増税時超す


 内閣府が8日発表した4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比1・8%減、年率換算で7・1%減となりました。速報値(前期比1・7%減、年率6・8%減)から下方修正されました。東日本大震災の影響で6・9%減となった2011年1~3月期を超え、リーマン・ショック後の09年1~3月期(年率15・0%減)以来のマイナス幅になりました。

 速報値からの下方修正は、最新のデータを反映した結果、多くの項目でマイナス幅が拡大したためです。

GDP①20140909 GDP②20140909
「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/9/9付(クリックで拡大できます)
 同記事のインターネット版はコチラ