アクション

2014年9月10日

「めざすべき看護体制」提言 日本医労連 現場劣悪300万人必要


 日本医療労働組合連合会(日本医労連)は8日、「めざすべき看護体制の提言」を発表し、病棟や外来、訪問などに携わる看護職員は300万人以上必要だと訴えました。 医労連20140910

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/9/10付(クリックで拡大できます)。