アクション

2014年9月11日

妊娠・出産理由の解雇・退職強要 マタハラ防止を要請 被害者団体労政審へ


 妊娠・出産をきっかけに、解雇や退職勧奨され、仕事を失った被害者でつくるマタニティハラスメント対策ネットワーク(マタハラNet)は10日、厚生労働省で、「女性活躍推進法案」を作成するために議論している労働政策審議会雇用機会均等分科会あてに「法案にマタハラ防止を盛り込んでほしい」とする要望書を提出しました。

マタハラ防止20140911

 

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/9/11付(クリックで拡大できます)。

マタニティハラスメント対策ネットワーク(マタハラNet)のブログページはコチラ