アクション

2014年9月12日

「残業代ゼロ」制度 労政審で本格議論 「成果で評価 現行でも」導入根拠早くも崩れる


 労働時間法制を議論してる労働政策審議会(労政審)労働条件分科会が10日、厚生労働省で開かれ、過労死促進、「残業代ゼロ」をねらう「新たな労働時間制度」が始まりました。労働者側委員から、「時間外労働にかかる上限時間規制の導入」や、「新たな制度」を「容認することはできない」とする意見書が提出されました。

残業代ゼロ20140912

 

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/9/12付(クリックで拡大できます)