アクション

2014年9月14日

経済これって何? 人手不足の背景 劣悪な労働条件では集まらない


 最近、人手不足が全国的な傾向になってきています。7月の有効求人倍率(求職者1人当たりの求人件数)は6月に続いて1.1倍で、22年ぶりの高水準です。
 業種別にみると、震災復興やアベノミクス(安倍首相の経済政策)で公共事業が大幅に拡大している建設業、高齢社会でサービス需要が拡大している医療・福祉産業で人手不足が目立ちます。これまで低賃金のパートやアルバイトに頼ってきた外食や流通産業でも、人手不足で店舗を閉鎖したり、営業時間を短縮したりせざるを得ない状態に陥っています。

人手不足の背景20140914N

「しんぶん赤旗」日曜版、2014/9/14付(クリックで拡大できます)。