アクション

2014年9月29日

書評『続・時の行路』


〔評者〕 岩崎明日香(日本共産党国民運動委員会/日本民主主義文学会会員)

 「たたかってこそ明日はある」。労働者の誇りと熱い生き方に心揺さぶられます。
 本書は、リーマン・ショック後のいすゞ自動車の「非正規切り」に対して解雇撤回と正社員化を求めるたたかいをモデルに、綿密な取材にもとづいて描いた小説です。正編に続き、中西繁さんの挿絵とともに本誌に掲載されました。

続・時の行路書評20140929

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/9/29付(クリックで拡大できます)。