アクション

2014年10月2日

安倍政権の労働法制改悪に異議あり 労働者保護うとんじる 日本労働弁護団前会長 宮里 邦雄さん


 安倍政権が打ち出している労働法制の規制緩和には、明確なポリシーがあります。

 ● 企業偏重の緩和

 その特徴は、アベノミクスの「成長戦略」を推進するには、労働法制という〝岩盤規制〟を打ち崩さなければできないと位置づけていることです。

労働法制異議あり20141002

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/10/2付(クリックで拡大できます)。