アクション

2014年10月4日

仏軍の労組禁止は条約違反 欧州人権裁判所が判決 各国に影響も


 【パリ=島崎桂 氏】元フランス軍人が現役当時、労働組合に類する組織を設立したとして除隊になった事件に関し、欧州人権裁判所(本部・仏東部ストラスブール)は2日、軍人の労組結成を全面的に禁止することは、欧州人権条約(1953年発効)に違反するとの判決を下しました。

 同条約の第11条は、集会・結社の自由を定める一方、軍人による労組結成の「制限」は認めています。今回の判決により、労組結成の「禁止」は「制限」の範囲を超えているとの司法判断が初めて示されました。

フランス軍労組禁止は条約違反20141004

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/10/4付(クリックで拡大できます)。
 同記事のインターネット版はコチラ