アクション

2014年10月11日

きょうの潮流


▼働いていた労働者や遺族が起こした泉南訴訟。最高裁は、対策を怠ったとして国の責任を初めて認めました。各地で同様の裁判がつづくいま、亡くなった人たちや苦しみつづける被害者のためにも、石綿のない社会を実現するためにも、解決に向けた国の対応が問われています。

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/10/11付。
同記事(インターネット)はコチラ。