アクション

2014年10月10日

大阪・泉南アスベスト訴訟 最高裁「国に責任」 初の判断


 大阪府・泉南地域にあったアスベスト(石綿)関連工場の元労働者や遺族ら89人が、国が対策を怠ったため肺がんなどになったとして損害賠償を求めた大阪・泉南アスベスト国家賠償請求訴訟の上告審判決が9日、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)でありました。

 判決は、国が1958年~71年まで発生粉じんを除去する局所排気装置の設置を義務付けなかったことにたいし、国の責任を認めました。裁判官5人全員一致の意見。

 アスベスト被害の国の責任について最高裁が判断するのは初めてです。

20141010泉南アスベスト

 

20141010泉南アスベスト②

 

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/10/10付(クリックで拡大できます)。
 同記事のインターネット版はコチラ。